<< スローンとマクヘールの謎の物語... スローンとマクヘールの謎の物語... >>

スローンとマクヘールの謎の物語 (その7)

c0138466_2314164.jpgスローンとマクヘールの謎の物語」クリアしちゃったので、売ってしまいました・・・(^^)

この手のゲームって一度クリアしたら、二度目のプレイはないというか・・・。売ったお金で「多湖輝の頭の体操」の購入を予定してたりします。

では、第61~70幕の問題です。




第61幕 バケツと鍵

c0138466_621597.jpgジェームズはいつもベッドに入る前、家じゅうのドアというドアにきっちり鍵をかける。そのうえで、玄関の鍵を冷水の入ったバケツに放り込む。朝になると、バケツの中から鍵を拾い上げて、玄関の鍵を開ける。何のためにこんな手間をかけるのか?

【回答】
問1:「夜」
問2:「最愛の妻」
問3:「家を抜け出す」
問4:「寝ぼけている」
問5:「眠気覚まし」


第62幕 掃除で気絶

c0138466_6282490.jpgあるところに、男まさりのたくましい女性がいた。彼女はいつものように掃除に取りかかったが、今日に限って掃除を始めたとたん、気を失って倒れてしまった。理由はなに?

【回答】
問1:「警察病院」
問2:「兄」
問3:「大好き」
問4:「死亡」
問5:「死体安置室」


第63幕 忠実な犬
c0138466_7222954.jpg野原の真ん中で男と飼い犬が遺体で発見された。あたりに人影はなく、男は釣り用の長靴をはいていた。男と犬はなぜ死んだのだろうか?

【回答】
問1:「湖」
問2:「密漁」
問3:「ダイナマイト」
問4:「飼い犬」
問5:「キャッチ」


第64幕 謎の暴力

c0138466_8515536.jpg分別のある大人4人がテーブルを囲んでいる。ふいに、そのうちの3人が勢いよく立ち上がると、残る1人に殴りかかった。なぜ?

【回答】
問1:「ゲーム」
問2:「質問力」
問3:「解答者」
問4:「出題者」
問5:「こたえ」


第65幕 ある男の転倒

c0138466_9132445.jpgある男がたいまつを手に、暗い道を走っていた。途中、男は足がもつれて転んでしまい、地面に落ちたたいまつの火は消えてしまった。それ以外の被害はなく、男も無傷ですんだのだが、この事件は世界中の新聞で報道された。なぜだろう?

【回答】
問1:「競技場」
問2:「スポーツ選手」
問3:「4年」
問4:「聖火」


第66幕 命を握る風

c0138466_112105.jpgある晴れた気持ちのいい日、1人の男が立っていた。頬をなでる風の心地よさを感じながら、同時に、この風がやんだら自分は死ぬ、ということを感じていた。いったいどうして?

【回答】
問1:「餓死」
問2:「海」
問3:「自由の国」
問4:「亡命」


第67幕 消えた傷口

c0138466_11212929.jpgジャガイモの皮をむこうとして指を切ってしまった男がいた。彼は傷口を洗うため、水の中に手を突っ込んだ。30秒後、手を水から抜いてみると、さっきの傷口はきれいさっぱり消えていた。なぜこんなことが?

【回答】
問1:「キャンプ」
問2:「ジャングル」
問3:「川」
問4:「消えた」
問5:「食べられた」
問6:「ピラニア」


第68幕 死の銃弾

c0138466_1523482.jpg男が野原で死んでいた。彼の傍らには銃が落ちており、銃からは銃弾が1発、発射されていた。その1発が原因で、男は死んだのだ。しかし、彼の身体に外傷はなく、射殺されたわけではないようだ。では、男はなぜ死んだのだろう?

【回答】
問1:「雪山」
問2:「窒息」
問3:「雪崩」
問4:「銃声」
問5:「春」


第69幕 制服の2人

c0138466_1644550.jpg薄暗い山道の脇に、1台の車が停まっている。車の中には、制服に身を包んだ男が2人。とてもイライラしているジョンと死んでしまっているマイク。この2人の間に、いったい何が起きたのだろう?

【回答】
問1:「銃」
問2:「牢獄」
問3:「警官」
問4:「囚人」
問5:「鍵」


第70幕 健康な人の病院

c0138466_16442454.jpg最近になってある医者が、自分の病院では多くの健康な人間が、処置を受けていることを認めた。これらの患者は自分が健康であるにもかかわらず、病院で診断と処置を受けていたというのだ。どういうことだろう?

【回答】
問1:「腹」
問2:「女性」
問3:「出産」
問4:「産婦人科」




[PR]
by La_galleta | 2009-05-29 22:00 | スローンとマクヘールの謎の物語 | Comments(0)
<< スローンとマクヘールの謎の物語... スローンとマクヘールの謎の物語... >>