<< DRAGON QUEST VI... DRAGON QUEST VI... >>

DRAGON QUEST VIII 空と海と大地と呪われし姫君 (その3)

ドラゴンクエスト8 空と海と大地と呪われし姫君」をプレイ中・・・(^^)

c0138466_23121951.jpg
ゼシカが仲間になりました。それにしても、その服装で冒険するのか・・・(^_^;)




c0138466_7284914.jpg
リーザス村を出て、ポルトリンクへ到着。町で道化師風の男が海を歩いて南の大陸を渡ったという話を聞き、定期船乗り場へと向かうとゼシカと遭遇。海に魔物が現れたため、定期船は運航していないとのこと。

c0138466_7285922.jpg
ゼシカから魔物を倒してほしいと頼まれ、南の大陸へ行くため引き受けることに。

c0138466_729794.jpg
定期船を出港させ、しばらく進むとオセアーノンが出現し、戦闘に。

c0138466_7291760.jpg
オセアーノンを倒すと、オセアーノンは海を歩いて渡っていた道化師に睨まれてから身も心も乗っ取られてしまい、船を襲ってしまったと言い、退散する。

c0138466_7292540.jpg
魔物を倒したため、一度ポルトリンクへと戻る。

c0138466_7293527.jpg
改めて、南の大陸へ出発する際、ドルマゲスを追うという旅の目的が同じであるため、ゼシカから仲間に入れてほしいと言われ、一緒に冒険することに。

c0138466_1715477.jpg
南の大陸の船着き場に到着。聖堂騎士団がいるマイエラ修道院が近くにあることを教えてもらい、マイエラ修道院へ向かう。

c0138466_171624.jpg
船着き場から南へと移動し、マイエラ修道院へ到着。免罪符を売る修道士や、やたらに寄付金を要求されるようになったと言う巡礼者がおり、何やらきな臭い雰囲気が。

c0138466_17161925.jpg
修道院の奥の宿舎に入ろうとすると、聖堂騎士団に止められ、突き飛ばされてしまう。

c0138466_17164060.jpg
そこに騎士団長のマルチェロが現れ、よそ者は宿舎には用がないからさっさと立ち去れと言い、去ってゆく。ひとまずマイエラ修道院の南にあるドニの町へ向かう。

c0138466_10135478.jpg
ドニの町に到着し、酒場へ行くと、賭けポーカーに興じている聖堂騎士団の男と出会う。話しかけるも、真剣勝負中なので、後にしてくれと言われる。

c0138466_10141218.jpg
しかし、対戦相手の男が、聖堂騎士団の男のイカサマを疑い、難癖をつけてくる。

c0138466_10142794.jpg
ヤンガスが間にはいるも、聖堂騎士団の男の仲間だと間違われ、大騒ぎになってしまう。

c0138466_10144230.jpg
騒ぎに紛れて、聖堂騎士団の男が主人公ゼシカを連れて裏口から脱出。

c0138466_1015057.jpg
>聖堂騎士団の男はククールと名乗り、ゼシカにイカサマがバレずに済んだ礼と今日の出会いの記念として「聖堂騎士団の指輪」を渡し、去っていく。

c0138466_10151981.jpg
主人公たちはククールに「聖堂騎士団の指輪」を返すため、マイエラ修道院へと向かう。

c0138466_11421441.jpg
マイエラ修道院へと戻り、宿舎前にいる聖堂騎士団員にククールに「聖堂騎士団の指輪」を返しに来たと告げると、宿舎へ入ることを許可される。

c0138466_11425122.jpg
宿舎の地下へと移動し、マルチェロと話しているククールを発見。マルチェロククールが異母兄弟であることが分かり、問題を起こしてばかりのククールは謹慎を言い渡される。話が出来る雰囲気ではないため、ひとまず引き返すことに。

c0138466_1143513.jpg
宿舎にて情報を収集し、オディロ院長に招かれたという道化師が院長の部屋へと続く橋を通っていったことを聞く。主人公たちも奥の院へ行こうとすると、マルチェロの許可が無い者は通せないと言われる。

c0138466_11432128.jpg
宿舎へと戻ると、ククールと出会う。「聖堂騎士団の指輪」を返そうとするも、ククールからまがまがしい気の持ち主と思われる道化師が院長の部屋に入っていったので、様子を見てきてほしいと頼まれ、引き受けることに。

c0138466_11433656.jpg
院長の部屋には修道院を出て川沿いの土手を進んだところに大昔に使われて、今は廃墟になった修道院を通れば、行けるはずと言われ、旧修道院跡地へと向かう。廃墟の入り口は「聖堂騎士団の指輪」で開くとのこと。



[PR]
by La_galleta | 2005-01-01 20:00 | ドラクエ | Comments(0)
<< DRAGON QUEST VI... DRAGON QUEST VI... >>