<< スローンとマクヘールの謎の物語... スローンとマクヘールの謎の物語... >>

スローンとマクヘールの謎の物語2 (その4)

c0138466_236526.jpgまだまだまだ「スローンとマクヘールの謎の物語2」プレイ中です。









第31幕 星もない闇夜に

c0138466_0421176.jpg空に星ひとつもない真っ暗な夜、男がふと目を覚ました。枕元のテーブルにはカミソリ、腕時計、水の入ったコップが置いてある。しかし、男はテーブルの上の他の物に触れることなく、腕時計を取って時刻を確かめた。男が迷わず腕時計を取れたのは、なぜ?

【回答】
問1:「自分の部屋」
問2:「明るかった」
問3:「スイッチ」


第32幕 可動と不動

c0138466_0422998.jpgまったく同じ目的のために作られた物体Aと物体Bがある。広く一般的に使われている物だが、物体Aは数千、数万もの稼動箇所があるにもかかわらず、物体Bはどこも動かない。この物体とは、いったいなんだろう?

【回答】
問1:「砂」
問2:「日差し」
問3:「時間を計る」


第33幕 2ヵ月遅れの通報

c0138466_625936.jpgある男が妻と旅行に出かけた。2ヶ月後、男は自分が旅行で訪れた場所の近くに死体がある、と警察に通報した。警察は男に感謝しつつも、なぜ通報するまで2ヶ月もかかったのかと訪ねた。遅れた理由とは何だったのだろう?

【回答】
問1:「わからない」
問2:「通報」
問3:「写真」
問4:「旅行後」
問5:「知らなかった」


第34幕 東と西のない場所

c0138466_6253599.jpg地球において、北極点に立って北を向くのは不可能だし、南極点に立って南を向くのも不可能である。では、北にも南にも向けるが、東と西に向けない地点とは?

【回答】
問1:「あつい」
問2:「北極点」
問3:「南極点」
問4:「地球の中心」


第35幕 偽の指紋

c0138466_0214832.jpgある男が妻を刺し殺した。殺害現場には、男と妻の2人きり。男は警官の捜査をかく乱するため、凶器に偽の指紋を残すことにした。偽の指紋に頭を悩ませた警官たちだったが、最終的に男は逮捕された。いったい、どうやって?

【回答】
問1:「包丁」
問2:「夏」
問3:「リビング」
問4:「大きい」
問5:「足跡」


第36幕 ある国の郵便事情

c0138466_0221252.jpgその国では「郵便物の長さが1mを超えてはならない」という決まりがあった。ボリスは古くて貴重な笛を郵便で送りたかったが、笛の長さは1.4m。困ったボリスだったが、なんとか郵便で笛を送る方法を思いついた。いったいどうやったのだろう?

【回答】
問1:「裏をかいた」
問2:「そのまま」
問3:「箱」


第37幕 早急に返却せよ

c0138466_6224666.jpg秘書が休暇を取って出かけたが、ついうっかり、会社からある物を持ってきてしまった。すぐ返すように、と上司がメッセージを送ってきたので、彼女はその通りにした。ところが、休暇から戻ってみると彼女は会社をクビにされてしまった。何がいけなかったのだろう?

【回答】
問1:「すぐに対応」
問2:「郵便受け」
問3:「取り出せない」
問4:「カギ」


第38幕 歩いて走って

c0138466_623711.jpg午後6時、ジョンは時速6kmでウォーキングを始めた。同時にサムは、同じスタート地点から時速18kmで自転車をこぎはじめた。30分後、2人は同時に停止し、今度は2人とも時速10kmで30分間走った。午後7時、2人は同じゴール地点にいる。いったいどういうことだろう?

【回答】
問1:「健康」
問2:「進まない」
問3:「0km」
問4:「スポーツジム」


第39幕 大金と控えめな男

c0138466_6233480.jpg月に1千万ドル以上を生み出している男性がいる。しかし、彼は安い小型車に乗り、質素な家に住み、贅沢はできないと言い張っている。いったいなぜ?

【回答】
問1:「安い」
問2:「仕事」
問3:「印刷所」


第40幕 森の中の死体

c0138466_6235572.jpg森の奥深くで、海水パンツとシュノーケル、ゴーグルをつけた男の死体が発見された。近隣の湖まで13km、海までは160kmも離れている。男はなぜ森で、なぜ海水パンツ姿で死んでいたのだろうか?

【回答】
問1:「ダイビング」
問2:「湖」
問3:「火災」
問4:「森」
問5:「恐怖」
問6:「転落死」




[PR]
by La_galleta | 2009-09-08 22:00 | スローンとマクヘールの謎の物語 | Comments(0)
<< スローンとマクヘールの謎の物語... スローンとマクヘールの謎の物語... >>